ダーマトグラフとフォトグラフ


by imaikotaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

酒と泪と男と女




f0222241_156222.jpg







Nikomat /
FUJIFILM SUPERIA X-TRA400





人前でふわふわくるくるに酔っぱらってしまった
バイトの飲み会で何度も吐くほど見境なく飲んでもああはならなかった
ずっと昔から自分の見え方を気にして動いていたから
それはもう職人の域でいかなるときも対人用の人格をこさえて
たとえ酒がはいってもなかなか素なんて出せるものじゃなかった
酒でテンションはあがっても足取りはふらふらになっても
そこを油断した事はなかったのに!
思った事をそのまましゃべるなんて!
なにが違ったんだろう
もしかしたら一緒に飲んだ人たちにもう嘘つく必要がないのかもしれない
忘れたい事ばっかなのに忘年会でまで新たに忘れたいこと作ってしまった
なんでだろ居酒屋を出たらいつも見下したり睨んだりしている新宿の街がキラキラしてたんだよなあ




 忘れてしまいたいことや
 どうしようもない寂しさに
 包まれたときに男は
 酒を飲むのでしょう
 飲んで飲んで 飲まれて飲んで
 飲んで飲みつぶれて 眠るまで飲んで
 やがて男は 静かに眠るのでしょう

 忘れてしまいたいことや
 どうしようもない悲しさに
 包まれたときに女は
 泪みせるのでしょう
 泣いて泣いて ひとり泣いて
 泣いて泣きつかれて 眠るまで泣いて
 やがて女は 静かに眠るのでしょう

 またひとつ女の方が 偉く思えてきた
 またひとつ男のずるさが 見えてきた
 俺は男 泣きとおすなんて出来ないよ
 今夜も酒をあおって 眠ってしまうのさ
 俺は男 泪はみせられないもの
 飲んで飲んで 飲まれて飲んで
 飲んで飲みつぶれて 眠るまで飲んで
 やがて男は 静かに眠るのでしょう

[PR]
by imaikotaro | 2010-12-31 02:15



f0222241_0321282.jpg








Nikomat /
FUJIFILM SUPERIA Venus 800






中学の部活を初めてさぼって
谷川俊太郎の講演を聞きに行ったとき
空がどこまで高いか見通せなくて溺れそうな青の下にいた

高校から帰って来て部屋で音楽をかけ
暗くなってラジカセの電光掲示が煌煌とするまでカーテンも閉めず
ただ空気の青さだけを見ていた

大学のアトリエから部屋に帰る道を外れ
自転車をとにかくずっと走らせて
横目に見た海も空も真っすぐに伸びるアスファルトも青に染まっていた
眠れない夜はずっと青かった

青、青、青
青、青、青







 
[PR]
by imaikotaro | 2010-12-31 00:42

君の夢


f0222241_21592140.jpg










Nikomat /
Super PRESTO NEOPAN 1600





楽しい感情よりも圧倒的におおいのは
不安や困惑や焦りや苛立ちだった
それが自分の中で完結していれば
まだ救いはあった
問題なのは私の感情(些細な問題だ)の場合ではなく
私が他人に持たせてしまった感情だ
私がいることで生じこじれる感情
居心地の悪い思い
一時のよい関係だって後の落胆の前降りで
それは私をやめる事ではなんのけじめもつかない問題
許してくれと言う事自体、新しい煩いにしかならなく
はじめから私だけがいなければそれが一番だった
これから先も
ずっとやめる事は決して許されはせず
期待させて裏切ってまた期待させて裏切って
いらない子

[PR]
by imaikotaro | 2010-12-30 22:09

かほり



f0222241_3525075.jpg




Nikomat /
Kodak PORTRA 160NC




なんかいつかどっかで聞いた話によると
人の脳みそのなかでは記憶を司る所と嗅覚を司る所はご近所らしい。
だから匂いをきっかけに思いでがよみがえる事はままあるのだ。
だから、もしも君が僕より先に死んだとしても
僕いつか今日の事思い出すだろう

[PR]
by imaikotaro | 2010-12-23 04:02

あいいろ



f0222241_435379.jpg




Nikomat /
Kodak PORTRA 160NC





好きな人にただ一言、好きだって言ってはきっと多くの誤解をもって伝わるだろう。
だって好きだと言っても、僕にとって大切なものは君一人ではないし
家族はとても特別で、世界に二人ぼっちにはなれないし
それに、これまでで一番好きだった人ではないんだ
明日も君を好きだという保証はないし
君との生活のために定職につこうという覚悟もないし
僕は独りの時間も好きだから
いつも一緒にはいられない。
そんな事を長々と伝えたら
君の事が好きだってことすら伝わらないんじゃないか。
だけど君だけいればいいってほどには好きじゃないのは本当で
君以外のものも裏切れない
そんなごちゃごちゃした世界の中で
君をとても愛おしくおもう時があるという事を
どうやって伝えたらいいんだろう。
それが伝える方法がわからないうちは
好きだって言えないんだろうか。

[PR]
by imaikotaro | 2010-12-20 04:47

LUCKY GIRL




f0222241_3261631.jpg








Nikomat /
Kodak PORTRA 160NC





今日もし出かけなかったらと思うとぞっとします。
ただこんなに巡り合わせがよくまとまったのは
僕の勇気の対価ではなく、たまたまのラッキーだったのだね。
だけど部屋でぶるぶるおびえてるのはパラレルワールドの彼方の出来事。
今日は!

[PR]
by imaikotaro | 2010-12-18 03:36

霧吹き山




f0222241_3374656.jpg







Nikomat / Kodak GOLD 400




逃げる快感をおぼえちまうと
もうてんでだめだ
ヒーローは悪役に何度も負けても
一度勝ったらそれが最終結果みたいになる
小さな頃からずっとそんなのずるい
強い悪役の方がすごいのにと思っていた

最後に勝てばいいとかよくきくけど
思うより大変な事だ戦い続けるのは

[PR]
by imaikotaro | 2010-12-08 03:44